デスクトップパソコンのデメリットとメリットは?

デスクトップのメリットとしては、ノートに比べれば性能が高いという傾向にあります。
同じ価格のノートとデスクトップを比較した場合には、デスクトップのほうが性能は高いといえるでしょう。
また、同じくらいの性能を持つノートと比べればデスクトップは安いという傾向にあります。
これがまず一つの大きなメリットだといえるでしょう。
その他にはメンテナンスや修理、あるいは増設などが簡単であるということも大きなメリットでしょう。
例えば画像処理速度が遅いと思ったのであれば、高性能なビデオカードに交換すればよいのです。
また、ハードディスク容量が足りないと感じたときには、ハードディスクを増設すればよいでしょう。
最近ではドライバーなしでもパソコンの内部にあるパーツを簡単に交換できるようになっていますから、ハードディスクの増設くらいなら簡単でしょう。
このように、メンテナンスや修理や増設などが簡単であるというのがデスクトップのメリットであるといえます。
デメリットとしては、サイズが大きいということでしょう。
多くの場所を必要としますから、部屋が狭いという人にとっては、非常に大きなデメリットとなります。
また、持ち運びできないということも大きなデメリットの一つでしょう。
さらに、配線が面倒だということもデメリットの一つだと思います。
パソコン本体とディスプレイをつなぐケーブルが必要ですし、それぞれに電源ケーブルが必要になりますから、配線は複雑になるでしょう。